レンタルを利用してビジネスの整理を

昔から続くレンタルの様々な形態

レンタルするメリット

企業が事務用品などレンタルするメリットは何でしょうか?特に複合機などの高額なオフィス機器などの場合を考えてみましょう。
複合機などは購入すると一時的にかなりの出費を見込まなくてはなりません。レンタルによって月々の支払金額・コストの平準化を図ることができます。
レンタルの期間も自由に設定できます。短期間でも必要な時に必要なオフィス機器を使うことができます。
古い機器をいつまでも持たなくても良いこともメリットです。購入やリースなどの場合には、古い機器を使い続けなくてはならなくなります。古くなることによるメンテナンスの増加しますし、技術の進歩・オフィス機器のニーズの変化によって、古い機器は次第に陳腐化していきます。レンタル利用によって、古い機器を使い続けることを避けることもできます。
故障に対する対応や万一の際の代替機器の手配も、レンタル会社側が行ってくれることも嬉しいサービスです。

レンタルとリース、その一長一短

企業ではレンタルと併せてリースというものが使われてます。リースとレンタルとの違いは何でしょうか?
レンタルが賃貸借契約の典型といえるのならば、リースは物融と言われる金融取引的性格が強い取引です。
また、レンタルは在庫の中から選び短期で契約できるのに対して、リースは長期使用を前提にユーザー自身が選んだ物件をリース会社から借りることになります。つまりリースはユーザーが自由に選ぶことができますが、レンタルは限られてしまいます。
そして、レンタルは途中解約可で保守修繕はレンタル会社が行うのに対して、リースは中途解約不可でユーザー自身が保守修繕義務を負います。従って、危険負担もレンタルはレンタル会社、リースはユーザーが負担することになります。
期限が過ぎた場合、レンタルは返却されますが、リースの場合は契約によって再リース・返却に分かれることになります。