レンタルを利用してビジネスの整理を

レンタルに向いている選挙事務所・ユニフォーム

選挙事務所に利用されるレンタル

事務用品に限らずレンタル用品が多く利用される例として、選挙事務所があります。
事前活動は別として、衆議院ならば解散から4週間以内・公示から2週間以内に市町村議会なら立候補届け出から1週間で投票・開票が行われます。ごく短期間に、立候補者や選挙スタッフ・支援者のために選挙事務所を使うケースが出てきます。
このときに、複合機・パソコン・机・応接はもとより、多数の固定電話・携帯電話・トランシーバーから、冷蔵庫・ポット・掃除機などの家電、選挙カー・拡声器などあらゆる選挙に必要な物品がレンタルされています。
短期間の選挙戦期間中でも、選挙に動員されるスタッフの数はボランティアで1日だけの人も含めてかなりの人数になります。また、マスコミの取材や支援者に応対するために、選挙に関する物品は多数のレンタル用品が利用されています。
選挙事務所向けレンタル会社が何社もあるように、選挙用品のレンタル利用は打って付けです。

ユニフォームのレンタル

事務用品の範疇から少しはずれますが、オフィスを含め企業ではユニフォームのレンタルが利用されています。ユニフォームのレンタルのメリットは何でしょうか?
レンタルならば、従業員の増減・スタッフに応じたサイズの変更に対応できる、在庫を持たなくてもよい、クリーニングや補修などメンテナンスもしてもらえる、在庫を持たなくてもよいなどのメリットがあります。食品工場などでは、従業員に洗濯させるのに比べて、衛生基準を維持できるメリットがあります。
立ち上げ時にユニフォームを一括しての購入も不要です。月々の料金を払えば良いので、コスト面でもメリットがあります。レンタル料金には、クリーニング・補修・サイズ変更などの費用も含まれていますので、導入企業としても省力化に貢献できます。
忘れてならないのが、ユニフォームを個人管理に任せると紛失・酷い時にはネットオークションされ、企業イメージのダウンにつながりかねません。