レンタルを利用してビジネスの整理を

レンタルによってエコを推進しよう

レンタルの取り組み

レンタルのメリットとして、レンタル会社が積極的に取り組んでいる物がリペアつまり修理です。パソコンや複合機など機能が日進月歩で進化する物はここでは置いておくとします。
例えばオフィスの机と椅子ならば、レンタル会社は郊外の倉庫を設けて保管しながら、リペアを行い耐用年数の延長を図っています。通常8年の耐用年数もレンタルを繰り返しながらリペアを行い、10年以上使い続けることもできます。仮にレンタル中に部品が破損した机でも、回収後部品取り用として保管することにより、修理の必要な同じ机の部品として使い、結果として修理した机の耐用年数も延長させることができます。
リペアされるレンタル用品の利用は、エコの面からもメリットがあります。

事務所の整理を進めよう

作業効率化のために事務所の整理が必要です。そのことによって経費も削減もできます。
既に多くの企業では取り組んでいると思いますが、個人レベルでもオフィスの整理を進めてみましょう。
自身の机の中の消耗品の整理、使わない物はオフィス全体でまとめておきましょう。
また事務用品ではありませんが、油断していると増えてしまうのが、他社のカタログやノベルティグッズです。定期的に整理・処分しないとスペースばかり必要になります。
総務系の担当ならば心がけているとは思いますが、オフィスの事務用品を定期的に分類してみましょう。備品でも常時使う物なのか他で代用できる物なのか、もう一度見直してみましょう。
事務用品のレンタルを上手に使う一歩は、まずオフィスの整理と分類といえます。